--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちゃ~す。春風です。
もうちょいしたらマンスリーよしもと買いに行くつもりです。

いやぁ~・・・大変ですわ。毎日が。でも早いんです。毎日が。
最近、とあるコンサートに向けてアンサンブルの練習をしているんですが・・・
これがまたおもしろい。そんで部内でやるクリスマスパーティーの
曲作りがまたおもしろい。正直編曲するだけなんですけど。
でも・・・そんなこと想像していたら12月って事をすっかり忘れていまして。
(クリスマスの時点で気付くべきだったんですけど)

・・・あぁ、もうすぐお正月か・・・
9時間撮れるようにHDDの空き容量を増やしておかねば。
(来年の吉本芸人集合の奴に間に合うように・・・)

さ、今日もやってきました。Gaku-shockのレポ始めです。
・・・意外な交遊録みたいなものでしょうか・・・?
(いや違いますよ、とんだ誤解ですよ)

宇治原「えぇ~最近あの大阪で仕事が終わったあとに『坂東英二さん』と
     あの~『プラン9の浅越ゴエ』と、同期なんですけどもよしもとの、
     ご飯に連れて行っていただいたんですけどね
     あの~、坂東さん凄いと思ったのは失礼なんですけども
     いわば普通におじいちゃん言われる年なんですよ」

菅   「70近いですよ」
宇治原「ね、年齢として、でも全然ずれていないというか僕ら若者の感覚からして
     20代、30代としゃべっててもポンポン笑いどころも一緒やし
     すごいんですよ、
     ただ、ひとつちょっと問題なこと声が大きすぎる・・・」

菅   「すぐバレんねん」
岡村ア「そうなんですか」
宇治原「あの~もつ鍋やにね連れていってもらったんですけど
     カウンターとテーブル2つだけのちっちゃい店なんですよ
     そこでね、全然そんなまずい話してないんですけどおかしな思い出話とか
     しはるからすっごい(芸能界の)大物の名前がいっぱい出てくるんですよ
     そのたんびに定員とか客がピタッと止まるんですよね坂東さんの話を聞きながら
     でもそんなことありつつもすごいなほんまにこの話の展開とかも
     ずれないなぁと思っていたら1番最後鍋の締めにね
     『ご飯』と『おそば』と選べるんです
     店員さんに聞いたらオススメはどちらですかって聞いたら
     もう是非『おそば』を食べてくださいと」

菅   「そうやね、だって珍しいもんな」
宇治原「そうですよもつ鍋のその汁とあいそうな感じなんですよまた
     んでおそばにねすっごい傾いてたんですよ、したら坂東さんが全く普通で
     『さっき糸こんにゃく食べたからそばはええわ』と」

(ややウケ)
宇治原「んでご飯になってもうて」
(菅ちゃん爆笑)
宇治原「あんなにも感覚ずれてない人が『糸こんにゃくを麺類に分類した』」
(爆笑)
菅   「いくか!?」
宇治原「そば食べん人が『糸こんにゃくは食べる』」
菅   「おもろいな、それ」
宇治原「気ぃつけよ」


というわけでした。いやぁ・・・笑えますね~。
ぜひ坂東さんと行く方は気をつけて(ここにいたら凄いわ)
ハイ、今日の「Gaku-shock」もお楽しみに~♪
(にしても今日短かったな~)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://housouiinn.blog75.fc2.com/tb.php/197-bf819c0a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。